熊本地震1年、犠牲225人追悼

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 県主催の熊本地震犠牲者追悼式で、黙とうする遺族ら参列者=14日午前、熊本県庁

 震度7を2回観測し、熊本、大分両県で関連死を含め225人の犠牲を出した熊本地震は、14日で発生から1年を迎え、熊本県庁で追悼式が開かれた。遺族代表の主婦冨永真由美さん(58)=熊本市=は「悲しみが癒えることはない。それでも多くの人に支えられてここまで来た。熊本が笑顔と活気にあふれるふるさとに再建されることを願う」と述べ、復興への決意を表明した。

 県主催の式には、遺族や蒲島郁夫知事、安倍晋三首相ら約370人が出席。式の冒頭に全員で黙とうした。

 熊本地震による住宅の全半壊は4万2千棟を超え、なお4万7千人以上が仮設住宅など仮住まいでの暮らしを続ける。