春の高山祭が開幕 岐阜、城下町彩る豪華屋台

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 「春の高山祭」が始まり、市中心部の橋を渡る豪華な屋台=14日午前、岐阜県高山市

 漆塗りの豪華屋台12台が城下町を巡り、飛騨地方に春の訪れを告げる「春の高山祭」が14日、岐阜県高山市で始まった。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産「山・鉾・屋台行事」に登録された33の祭りの一つで、昨年12月の登録決定後、初の開催。15日まで。

 青空の下、屋台が市中心部の通りや広場に並べられ、観光客らが木工彫刻や金箔細工の美しさに見入っていた。

 市は遺産登録による注目の高まりに加え、週末に重なるため、2日間の人出を例年より2万人多い計約20万人と見込む。