陸上の福士加代子選手が結婚 リオ五輪女子マラソン代表

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 福士加代子選手

 昨年のリオデジャネイロ五輪女子マラソン代表の福士加代子選手(35)=ワコール=が3月17日に結婚していたことが14日、分かった。関係者によると相手の男性は41歳の会社員。福士選手に競技を退く意向はないという。リオ五輪後は所属チームの駅伝に出たものの、今夏の世界選手権代表選考レースには出場しなかった。

 福士選手は3000メートルと5000メートルの日本記録を持ち、2004年アテネ五輪から3大会連続でトラック種目の代表となった。マラソンでは13年世界選手権で銅メダルを獲得し、昨年1月の大阪国際では2時間22分17秒の自己記録をマークして優勝した。