法相「共謀罪」法案で趣旨説明 「組織犯罪後絶たず」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 衆院法務委で組織犯罪処罰法改正案の趣旨説明をする金田法相=14日午後

 犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案に関し、金田勝年法相は14日の衆院法務委員会で趣旨説明し「テロや暴力団抗争、高齢者を対象とする特殊詐欺などの組織犯罪が後を絶たない。必要な法整備を行う」と述べた。

 実質的な質疑に入るのは19日となる見通しで、政府与党が目指していた4月中の衆院通過は困難な情勢。捜査機関による乱用の危険性などを巡り与野党の激しい攻防が予想される。