民進、細野氏の代表代行辞任了承 後任は置かない方向

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 民進党は14日午後、執行役員会を国会内で開き、細野豪志代表代行の辞任を正式に了承した。憲法改正を巡り、執行部と考え方の違いがあるとして辞任届を提出していた。蓮舫代表は後任を置かない方向。現体制のまま7月の東京都議選に臨むことになる。

 細野氏は13日、記者団に、野党4党の次期衆院選の共通見解に「安倍政権下の憲法改悪に反対」という文言が明記されたことを指摘し「執行部は改憲に消極的だ。とどまるべきではない」と述べていた。

 細野氏は幼児から高校までの教育無償化を柱にした改憲私案を月刊誌で公表している。