総人口16万2千人減

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 大勢の人が行き交う朝の出勤風景=1月、JR東京駅前

 総務省が14日公表した2016年10月1日時点の人口推計によると、外国人を含む総人口は1億2693万3千人で、前年から16万2千人減少した。マイナスは6年連続。日本人は過去最大となる29万9千人の減少を記録したが、外国人の増加が総人口をやや補った。人口減少は40道府県にわたり、増加は7都県。増加率トップは東京の0・80%だった。安倍政権は地方創生を看板政策に掲げているが、東京一極集中に歯止めがかからない実態が示された。

 少子高齢化により、働き手の中心となる15~64歳の「生産年齢人口」は7656万2千人で、全体に占める割合は60・3%だった。