NHK甲府、山形放送局長が異動 女性乱暴で起訴の記者が所属

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 NHKは14日、甲府放送局の飯野奈津子局長を解説委員室解説主幹に、山形放送局の栗田晴行局長を人事局付に、それぞれ充てる人事を発表した。25日付。

 2人はいずれも、山梨県と山形県で女性に乱暴したとして強姦致傷などの疑いで逮捕、起訴されたNHK元記者弦本康孝容疑者(28)が所属していた放送局のトップだった。

 NHK広報局は「2人とも現在の役職に就いて約3年たっており、適材適所の異動だ」としている。

 飯野局長の後任には報道局ニュース制作センターおはよう日本部の辻村和人エグゼクティブプロデューサーが、栗田局長の後任には福井放送局の藤田美和子副局長が充てられる。