東都大学野球、国学院大が勝ち点 第2週、専大に2勝1分け

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東都大学野球リーグ第2週第3日は14日、神宮球場で3回戦1試合が行われ、国学院大が専大に5―1で快勝し、2勝1分けとして勝ち点1を挙げた。

 国学院大は五回に横井のソロ本塁打と西丸の3点三塁打で追加点を奪った。リーグ戦初登板の2番手吉村が5回を1安打無失点、7奪三振の好投で勝利投手となった。