将棋、三浦九段が復帰後初勝利 不正疑い晴れ5戦目で

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 三浦弘行九段

 コンピューター将棋ソフトを不正に使用した疑いを指摘され、後に疑惑が晴れた三浦弘行九段(43)は14日、テレビ棋戦の第25期銀河戦で戸辺誠七段を破り、復帰後5戦目で初勝利を挙げた。

 三浦九段は昨年の竜王戦7番勝負の挑戦者に決まっていたが、日本将棋連盟から出場停止処分(昨年10月12日~12月末)を受け、出場が取り消される異例の事態となった。

 その後、連盟に委嘱された第三者調査委員会は昨年末、不正の証拠は認められないと発表。2月13日に、羽生善治3冠との対局で復帰した。

 銀河戦での対局は「囲碁・将棋チャンネル」で、6月27日午後8時から放送される。