国に玄海再稼働の説明求める 佐賀県議長が容認決議を報告

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 高木陽介経産副大臣(左)に要望書を手渡す佐賀県議会の中倉政義議長=14日午後、経産省

 佐賀県議会の中倉政義議長は14日、経済産業省で高木陽介経産副大臣と会談し、同議会が九州電力玄海原発3、4号機(同県玄海町)の再稼働を容認する決議をしたことを報告し、原発の安全性や再稼働の判断について国が前面に立って県民に説明するよう求めた。

 中倉議長は避難計画の充実やさらなる地域振興策、原発の使用済み核燃料から出る高レベル放射性廃棄物の最終処分に関する取り組みを加速するよう要望。高木氏は県議会の容認決議について「ありがたく思っている」と謝意を表明し「丁寧に説明し、粘り強く取り組む」と述べた。