BPO「ビビット」審議へ 「ガッテン」は除外

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は14日、ホームレスに対する不適切な表現があったとして、TBSの情報番組「白熱ライブ ビビット」を審議対象とすることを決めた。

 番組は1月31日放送。「多摩川リバーサイドヒルズ族」と題し、犬を飼うホームレスの男性らを「犬男爵」と呼ぶなどした。TBSは既に謝罪しているが、同委員会は「明らかな偏見と名誉毀損的表現があり、看過できない」と指摘した。

 糖尿病の治療に睡眠薬を直接使えるかのような表現をしたNHK総合の健康番組「ガッテン!」については、迅速に放送内容を訂正したとして、審議入りしないことを決めた。