目指せ民間初の月面探査 日本のチーム「ハクト」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 探査車「ソラト」の実物大模型=3月、東京都港区

 民間初の月面探査を目指す国際コンテストに臨む日本チーム「HAKUTO(ハクト)」の準備が大詰めを迎えている。今月中にも探査車の最終試験を開始、12月にインドのロケットで打ち上げる。全長58センチの小さな車体で世界の4チームと競う。月面での探査が実現すれば、日本の宇宙開発史上でも初の快挙だ。

 コンテストは「グーグル・ルナXプライズ」で優勝賞金は破格の2千万ドル(約22億円)。月面の着陸探査に成功したのは、国が威信を懸けて取り組んだ米国、旧ソ連、中国だけ。その状況を打開するよう民間の宇宙開発を促すのが狙いだ。