谷原16位、石川予選落ち 米男子ゴルフ第2R

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 第2ラウンド、8番でアプローチショットを放つ谷原秀人。通算5アンダーで16位=ハーバータウン・リンクス(共同)

 【ヒルトンヘッド(米サウスカロライナ州)共同】米男子ゴルフのRBCヘリテージは14日、サウスカロライナ州ヒルトンヘッドのハーバータウン・リンクス(パー71)で第2ラウンドが行われ、11位スタートの谷原秀人は3バーディー、2ボギーの70で回り、通算5アンダーの137で16位に後退した。トップとは5打差。

 71だった池田勇太は通算1アンダーの63位で決勝ラウンドに進んだが、石川遼は76をたたき、4オーバーで予選落ち。

 ルーク・ドナルド(英国)とグラハム・デュレット(カナダ)が通算10アンダーで首位に並んだ。