バレエ、男子2部門で日本人1位 米若手コンクール

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 YAGPの15~19歳の男子部門で1位となった倉智太朗さん(左)と、12~14歳の男子部門で1位となった三宅啄未さん=14日、ニューヨーク(共同)

 【ニューヨーク共同】若手のバレエダンサーを対象にした国際コンクール「ユース・アメリカ・グランプリ(YAGP)」の審査結果が14日、ニューヨークで発表され、15~19歳の男子部門で米国に留学中の倉智太朗さん(18)=福岡県飯塚市出身、12~14歳の男子部門で香川県丸亀市の三宅啄未さん(13)がそれぞれ1位を獲得した。

 倉智さんは「1位になれるとは思わなかった。僕自身が楽しんで踊れたので観客に楽しんでもらえたと思う」と語った。

 三宅さんは「(会場の)劇場が大きくて緊張した。初めて出場した世界大会で1位を取れた。すごくうれしい」と話した。