「あそぼーい!」再び運行 JR、7月から阿蘇地区で

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 JR九州は15日、熊本地震の影響で熊本県・阿蘇地区を走れずにいた観光列車「あそぼーい!」を、7月から同地区で1年3カ月ぶりに定期運行すると明らかにした。

 昨年4月の震災まで定期ルートだった豊肥線の熊本―宮地(熊本県阿蘇市)は、一部区間で線路の復旧工事が続く。そのため、阿蘇と大分・別府を結ぶ新たな定期ルートを設ける。7~12月の週末や祝日に1日2往復させることを検討中。JR九州は「落ち込んだ阿蘇への旅行者を増やしたい」としている。

 あそぼーい!は、車内に子どもの遊び場や親子シート、カフェなどを設けた列車。