宍道湖に水上機が墜落、2人救助 目立つけがなし、島根県松江市

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 松江市の宍道湖に墜落した水上飛行機=15日午後0時14分

 15日午前11時25分ごろ、松江市玉湯町湯町近くの宍道湖に水上飛行機が墜落したと110番があった。島根県警によると、乗っていた2人を救助し、目立ったけがはなかった。2人はともに70代の男性で、松江市と鳥取県米子市の在住。島根県警が事故の状況を詳しく調べている。

 県警によると、現場は湖岸から約150メートルの沖合。

 宍道湖で遊覧船を運営する会社の従業員によると、15日は普段よりも西風が強く、波高が1~2メートルあり、水上機の着水は難しい状況だったという。「飛行機の事故は聞いたことがないのでびっくりした」と話した。