細野氏「改憲議論に積極参加」 民進代表代行辞任で

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 静岡県島田市で講演する民進党の細野豪志氏=15日午後

 民進党の代表代行を辞任した細野豪志元環境相は15日、静岡県島田市で講演し、憲法改正の議論に積極的に参加していく考えを示した。「役職なしの一議員になった。党内だけでなく国会でもしっかりと提案し、国民にも呼び掛ける形で議論する努力をしたい」と述べた。

 同時に「今の(民進党)執行部の中では憲法の議論を前向きにしにくい事情があった」と、代表代行を辞任した理由を説明した。

 講演後、細野氏は6月の静岡県知事選への対応に関し「(現職の)川勝平太知事を支えてきた立場だ。川勝氏に出馬を要請し、回答を待っているということに尽きる」と記者団に語った。