水上機事故、強風で離水に失敗

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 松江市玉湯町湯町近くの宍道湖で事故を起こした水上飛行機は強風による大波を受け、操縦不能となって離水に失敗したことが15日、松江署への取材で分かった。同署によると、近くの無職男性(72)が操縦し、友人で鳥取県米子市上福原の会社役員の男性(70)が同乗していた。いずれもけがはなかった。

 事故は15日午前11時20分ごろ発生。機体が前のめりに沈み、漂流したという。湖岸にいた人が「水上飛行機が墜落した」と110番した。