浅草寺でも液体の染み

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 15日昼ごろ、東京都台東区の浅草寺の職員から「境内の建物に油のような液体がまかれている」と警視庁浅草署に通報があり、敷地内の建物の扉などで染みが10カ所以上見つかった。捜査関係者によると、付近の防犯カメラには、渋谷区の明治神宮で油のような液体を掛けた疑いで全国に指名手配した中国籍の女2人の姿が写っており、警視庁が関連を調べている。

 捜査関係者によると、建造物損壊容疑などで逮捕状を取っている女2人が3日午後に敷地内に立ち入る様子がカメラに写っていたという。2人は同日午前、明治神宮に立ち寄っていた。