死体遺棄容疑で元工務店社員逮捕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 遺体が見つかった東京都杉並区の住宅=9日

 東京都杉並区の自宅で胸に刺し傷がある無職上田美恵子さん(62)の遺体が台所の床下から見つかった事件で、警視庁捜査1課は15日、死体遺棄の疑いで、埼玉県鶴ケ島市、元工務店社員で無職青木啓之容疑者(52)を逮捕した。荻窪署に捜査本部を設置、16日に送検する。

 逮捕容疑は1月11日ごろ、上田さんの遺体を台所の床下に遺棄した疑い。青木容疑者は上田さん宅のリフォームの工期を巡りトラブルになったといい「罵声を浴びせられ、かっとなって殴った」「殺害し、床下に隠したことは間違いありません」などと供述し、容疑を認めている。