インドネシア海洋・水産相が会見 日本に巡視船の供与要望

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 共同通信と会見するインドネシアのスシ海洋・水産相=15日、東京都内

 来日中のインドネシアのスシ海洋・水産相(52)が15日、中国漁船などが違法操業を続ける南シナ海南端のインドネシア領ナトゥナ諸島沖などでの海上警備能力向上を目的に、日本政府に少なくとも巡視船6隻を供与するよう要望したと明らかにした。東京都内で共同通信と会見した。

 インドネシアの排他的経済水域(EEZ)では中国や周辺国からの漁船が違法操業を繰り返しており、漁業資源の保全はインドネシアにとって国家的な課題になっている。海洋・水産省の担当者によると日本側は要望を検討するとしたという。

 スシ氏は元実業家で、対中強硬派として知られる女性閣僚。