熊本地震「本震」から1年

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 熊本地震の本震から1年となり、東海大阿蘇キャンパスで行われた慰霊式で黙とうする学生たち=16日、熊本県南阿蘇村

 震度7を2度記録した熊本地震で、犠牲や被害が拡大した2度目の激震「本震」から16日で1年。国土交通省は同日、大規模な土砂崩れで崩落した熊本県南阿蘇村の阿蘇大橋と、寸断された国道57号の代替ルートの2020年度全線開通を目指すと発表した。大動脈再開に向けた一歩は、復興への後押しとなる。大学生の犠牲者も出た同村では、各地で追悼の催しが行われた。人々は悲しみと犠牲者らの記憶を心に刻み、再出発を誓った。

 本震は、最初に大きく揺れた「前震」から約28時間後の昨年4月16日午前1時25分に発生した。

 南阿蘇村の「直接死」は16人で、11人が震災関連死と認定。