青木が3戦連続複数安打

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 アスレチックス戦の7回、安打で出塁後、後続の適時打で生還したアストロズ・青木=オークランド(ゲッティ=共同)

 【オークランド共同】米大リーグは15日、各地で行われ、アストロズの青木はオークランドでのアスレチックス戦に「8番・左翼」で臨み、八回に勝ち越しの犠飛を記録するなど4打数2安打2打点、1得点1盗塁と活躍した。複数安打は3試合連続。チームは10―6で逆転勝ちし、4連勝。

 ドジャースの前田はダイヤモンドバックス戦に先発し、3点本塁打を浴びるなど4回を4安打4失点、5三振1四球で勝敗は付かなかった。チームは8―4で勝った。

 カブスの上原はパイレーツ戦で6―8の八回に4番手で登板し、1回を1安打無失点、1三振。開幕から6試合連続無失点。チームは7―8で敗れた。