茨城の川で小5男児の遺体 外傷なし、事件事故両面で捜査

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 16日午前8時55分ごろ、茨城県日立市留町の久慈川で、同市の市立小学校5年の男児(10)の遺体が見つかった。15日午後、男児の両親が「子どもが帰ってこない」と警察に通報し、県警や地元消防などが捜索していた。日立署によると、遺体に外傷はなく、事件事故の両面で捜査している。

 署によると、男児は15日午後1時半ごろ、「学校に行く」と自宅を出た後、行方が分からなくなった。久慈川の川岸に男児の自転車や靴、服などが置かれており、遺体はこの場所から約170メートル下流の水中で見つかった。水深は約1メートルという。