神2―1広(16日) 原口が勝ち越し適時打

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 8回阪神2死一、二塁、原口が左前に決勝打を放つ=甲子園

 阪神が接戦を制した。三回に同点に追い付き、八回2死一、二塁で原口が勝ち越しの適時打を放った。先発の能見は5回1失点。救援陣は安打を許さなかった。広島は四回以降無安打で、好投を続けた九里を援護できなかった。