麻生副総理がブラジル訪問へ 文化発信、友好アピール

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ブラジル・サンパウロの「ジャパン・ハウス」(外務省提供)

 麻生太郎副総理兼財務相が、ブラジル・サンパウロで30日に行われる日本文化の広報拠点施設「ジャパン・ハウス」の開館式に出席する方向で調整に入った。文化発信とともに、約190万人と海外最大の日系人がいるブラジルとの友好関係をアピールする。式には昨年秋、ブラジル大統領として8年ぶりに来日したテメル大統領を招くことも検討している。

 日本政府関係者が16日、明らかにした。

 ジャパン・ハウスは、海外都市に日本の文化や芸術を展示し「日本ファン」を増やす政府のプロジェクト。