17日昼から広範囲で強風や大雨 気象庁、警戒呼び掛け

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 気象庁は16日、日本海を急速に発達しながら北東に進む低気圧の影響で、17日昼から18日にかけ、西日本から北日本の広い範囲で非常に強い風が吹き、大雨が降るところもあるとして警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、前線を伴った低気圧の影響で、海上を中心に強い風が吹き、海はしける見込み。17日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は近畿で25メートル(35メートル)、四国は23メートル(35メートル)、北陸で22メートル(35メートル)など。

 低気圧に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込むため、西日本を中心に局地的な大雨が降る恐れがある。