フィギュアの羽生選手ら除幕式に 仙台市、偉業たたえ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 モニュメント前でポーズをとる羽生結弦選手(左)と荒川静香さん=16日、仙台市

 日本のフィギュアスケート発祥の地とされる仙台市の五色沼をアピールしようと、同市にゆかりが深い2006年トリノ冬季五輪女子金メダリストの荒川静香さん(35)と14年ソチ冬季五輪男子金メダリストの羽生結弦選手(22)=ANA=の偉業をたたえるモニュメントが16日、同市青葉区に設置された。除幕式に出席した羽生選手は「自分の名前と成績が刻まれ後世に残ることはまれなこと。ありがたいなと思う」と喜びを語った。

 ガラス製のモニュメントには代名詞のイナバウアーで滑る荒川さんとソチ五輪でポーズを決める羽生選手の姿が描かれている。