東京六大学野球、慶大が勝ち点1 東大に大勝

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東京六大学野球リーグ第2週第2日は16日、神宮球場で2回戦2試合が行われ、慶大は東大に11―2で大勝し、連勝で勝ち点1を挙げた。立大は法大に4―2で勝ち、1勝1分けとした。

 慶大は二回に岩見のソロ本塁打で先制。三回には郡司が3点本塁打を放つなど四回までに10点を奪った。東大は宮台が連投し、四回途中から5回2/3を投げて1失点(自責点0)だった。立大は手塚がリーグ戦初先発で完投した。