台湾、日本人技師の銅像壊される ダム建設貢献、警察捜査

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 壊された八田與一氏の銅像を調べる警察当局=16日、台湾・台南市(中央通信社=共同)

 【台北共同】台湾南部、台南市の烏山頭ダムで16日朝、日本統治時代にダム建設を主導した石川県出身の日本人技師、八田與一氏(1886~1942年)の銅像の頭部が切り取られているのを、ダムを管理する関係者が発見した。

 台湾メディアによると、頭部は持ち去られたとみられる。台南市の頼清徳市長は警察に徹底した捜査を命じ、八田氏の命日の5月8日までに修復するよう関係者に指示した。銅像は日本人観光客にも有名。

 30年に完成した同ダムは、当時としてはアジア最大級。ダム活用で、八田氏は不毛の土地を台湾最大の米作地帯に変えた功労者となり、高く評価されている。