個別テーマは閣僚協議に 日米の経済対話、6月は米国開催

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 日米両政府は16日、東京で18日に初開催する麻生太郎副総理兼財務相とペンス米副大統領による日米ハイレベル経済対話の進め方について、実質的な議論は両国の閣僚が個別テーマごとに協議していくことを確認する方向で調整に入った。両氏による第2回会合は6月に米インディアナ州で開催する見通しになった。

 初会合では実質的な協議に入ることは難しく、議論の進め方を確認する程度にとどまる見通し。

 次回会合を早期に設定し、ペンス氏が州知事を務めた地元インディアナ州を麻生氏が訪問することで、経済対話の求心力を保つ狙いがある。