カブスの上原は0/3回を3失点 パイレーツ戦

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 パイレーツ戦の8回に登板し、1死も取れずに負け投手となったカブス・上原。今季初黒星を喫した=シカゴ(ゲッティ=共同)

 ▽カブス―パイレーツ(16日・シカゴ)

 カブスの上原は1―0の八回に2番手で登板し、0/3回を2安打3失点(自責点2)、2四球で1敗目(0勝)を喫した。防御率は3・18。試合は1―6だった。(共同)