列島広範囲で強風、激しい雨に 低気圧の影響、警戒呼び掛け

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 気象庁は17日、急速に発達しながら日本海を北東に進む低気圧の影響で、18日にかけて西日本から北日本の広い範囲で大気の状態が不安定になり、海上を中心に非常に強い風が吹き、雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れがあるとして、警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、18日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は近畿、北海道で25メートル(35メートル)、四国、関東甲信は23メートル(35メートル)、北陸で22メートル(35メートル)、九州北部、東北は20メートル(30メートル)など。

 西日本や東日本では大雨となるところがある。