東京円上昇5カ月ぶり水準 108円台前半

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 週明け17日午前の東京外国為替市場の円相場は上昇し、昨年11月以来、約5カ月ぶりの円高ドル安水準となる1ドル=108円台前半で取引が始まった。

 午前9時現在は、前週末比58銭円高ドル安の1ドル=108円34~35銭。ユーロは73銭円高ユーロ安の1ユーロ=114円94~96銭。

 北朝鮮や中東情勢の緊迫化を背景に、投資家のリスク回避志向が高まり、安全資産とされる円を買う動きが優勢となった。