Jヴィレッジの芝再生へ、福島 18年夏目指し張り替え

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 福島県のサッカー施設Jヴィレッジのグラウンドで始まった天然芝の張り替え作業=17日午前

 東京電力福島第1原発事故の対応拠点に使われたサッカー施設Jヴィレッジ(福島県楢葉町、広野町)で17日、グラウンドの天然芝の張り替え作業が始まった。18年夏の一部再開を目指している。

 この日の朝、作業員が横約50センチ、縦2メートルの天然芝をロール状にしたものを転がして、整地した土の上に敷き詰めた。グラウンド1面当たり9360個のロールが必要だという。計画では天然芝8面のうち5面、人工芝3・5面のうち1・5面を一部再開時までに整備する。

 作業を見守った運営会社の上田栄治副社長は「元の芝生に戻り、子どもから大人までサッカーを楽しむ姿を期待したい」と話した。