三井住友銀が銀座に「未来店舗」 各種手続きの書類要らず

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 三井住友銀行が開業した未来型店舗の待ち合いスペース=17日午前、東京・銀座

 三井住友銀行は17日、先端技術を活用した未来型の店舗を東京・銀座で開業した。各種手続きの書類をなくし、振込先を行員に口頭で伝えて専用端末に署名すれば済むようにするなど利便性を高めた。待ち合いスペースにいすをゆったりと並べ、高級ブランド店などが並ぶ繁華街にふさわしい雰囲気を演出した。

 専用端末は、画面にタッチペンで記す署名の筆跡や文字を書くスピードで本人確認ができ、印鑑を持参しなくても口座開設や預金の引き出しができる。対面式ではなく、顧客の横に行員が寄り添って手続きができるブースも設置。堅苦しいイメージがある銀行に対し、親近感を持ってもらう工夫を凝らした。