衆院区割り勧告19日と決定 1票の格差是正

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 総務省で開かれた衆院選挙区画定審議会の会合=17日午後

 衆院選挙区画定審議会(区割り審)は17日、総務省で会合を開き、小選挙区定数を青森、岩手、三重、奈良、熊本、鹿児島の6県で各1減し「1票の格差」を2倍未満に是正する区割り改定案を19日に安倍晋三首相に勧告すると正式に決めた。関係者が明らかにした。

 区割り審は今年1月から具体的な小選挙区の区域見直しの作業を始めた。週1回ペースで14回の会合を開き、17日に実質的な作業を終えた。19日は官邸で最終的な確認をした後、安倍首相に勧告文を手渡す予定だ。