米韓、北朝鮮挑発には「懲罰」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 会談を前に韓国の黄教安大統領代行(右)と握手するペンス米副大統領=17日、ソウル(聯合=共同)

 【ソウル共同】韓国訪問中のペンス米副大統領は17日、ソウルで黄教安大統領代行と会談した。共同記者会見で、米軍による最近のシリアやアフガニスタンへの攻撃に触れ「北朝鮮はトランプ大統領の決意や米軍の力を試すべきではない」と警告、「核の傘」を含む拡大抑止力による韓国防衛を確約した。米韓は北朝鮮の新たな軍事挑発に「強力な懲罰的措置」で臨む方針で一致した。

 ペンス氏は、北朝鮮の核阻止へ中国が影響力を行使しなければ「米国は同盟国と対処する」と述べ、中国に行動を促した。