仏1部試合、ファンの暴行で中止 バスティア-リヨン戦

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【パリ、ロイター=共同】サッカーのフランス1部リーグで16日、バスティアの本拠地で行われたリヨン戦がホームサポーターの暴行で中止された。ハーフタイムにロッカールームに引き揚げる相手GKロペスに危害を加えた。

 開始前のウオーミングアップでもファンに襲撃されたリヨン選手がピッチから避難する一幕があり、試合開始が1時間近く遅れた。同リーグはバスティアに対し、警備態勢を見直して事件の首謀者たちの入場禁止を徹底するよう求めた。