スシロー、宅配参入を検討 再上場機に事業拡大へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 取材に応じるスシローグローバルホールディングスの水留浩一社長

 大手回転ずしチェーン「スシロー」を展開するスシローグローバルホールディングスの水留浩一社長(49)が17日、共同通信の取材に応じ、すしの宅配事業への参入を検討する考えを明らかにした。3月に約8年ぶりの再上場を果たし、事業拡大に弾みをつける。

 水留社長は「(店舗外の)家やオフィスなどにすしを提供する可能性が広がっている」と説明。今後は、新興の宅配代行業者の活用を念頭に、配達時間の短縮や鮮度の保ち方など事業化の条件を詰める。

 スシローは現在、国内では郊外を中心に約460店を展開している。