細野氏、改憲「中身の議論を」 共産との共闘に否定的

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 インタビューに応じる民進党の細野豪志元代表代行=17日午後、国会

 民進党の細野豪志元代表代行は17日、共同通信のインタビューに応じ、憲法改正について「『護憲』か『改憲』ではなく、どういう憲法ならいいのか、中身の議論に入るべきだ」と訴えた。代表代行を辞任した理由として、改憲を巡る蓮舫執行部の姿勢に不満があったとした。次期衆院選での共産党との共闘には外交・安全保障政策の違いから否定的見解を示した。

 細野氏は今月、教育無償化と大災害時の国会議員の任期延長、地方自治の拡大を柱とする改憲私案を月刊誌に発表。その後、代表代行を辞任した。