月80時間未満で過労死認定 スーパーでサービス残業

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 関東に店舗を持つスーパー「いなげや」(東京都立川市)の埼玉県志木市の店舗で働いていた男性=当時(42)=が2014年に脳梗塞で死亡し、昨年6月にさいたま労働基準監督署が過労死と認定していたことが17日、分かった。遺族側が明らかにした。

 遺族側はタイムカードの打刻前後にサービス残業があったと主張した。遺族側によると、労基署は入退館記録の調査などから主張を一部認め、発症までの4カ月間で月平均約76時間の残業をしていたと認定。2~6カ月の「過労死ライン」とされる月平均おおむね80時間に達していたと判断した。