民進島根県議が政活費不正 140万円、辞職意向

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 記者会見する和田章一郎島根県議=17日深夜、松江市

 民進党島根県連代表の和田章一郎県議(69)が17日深夜、松江市で記者会見し、2013~15年度に政務活動費計140万円を不正に受け取ったことを認め、議員辞職する意向を表明した。

 和田氏によると、島根県出雲市のコンサルティング会社にバイオマスエネルギーなどに関する調査を委託。実際は委託費を支払っていないのに、30万円と50万円、60万円のいずれも架空の領収書を会社側に作成させていた。

 和田氏は、二十数年前から同社社長に計350万円を貸していたと説明。「借金を返済してもらったという認識だった。長年の付き合いで甘えがあった」と話した。