北日本で激しい雨、気象庁

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 気象庁は18日、急速に発達しながら日本海を北東に進む低気圧の影響で、同日夜にかけて北日本の太平洋側を中心に大気の状態が不安定になり、激しい雨が降る恐れがあるとして警戒を呼び掛けた。関東では内陸部を中心に気温が上昇し、群馬県高崎市で18日午後1時ごろ、30・2度を観測した。沖縄・奄美を除いた地点で真夏日を記録するのは今年初めて。

 19日午前6時までの24時間予想雨量はいずれも多いところで、東海120ミリ、北海道100ミリ、関東甲信80ミリ。東日本や北日本では雨や雪解けが進むため、河川の増水や雪崩にも注意が必要としている。