依存症法案、今国会で成立を 自公、WTの初会合開く

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ギャンブル依存症対策強化に向けた法整備に関する与党ワーキングチームの初会合=18日午前、国会

 自民、公明両党は18日、ギャンブル依存症対策強化を検討するワーキングチーム(WT、座長・中谷元・前防衛相)の初会合を国会内で開き、議員立法を今国会に提出し成立を図る方針で一致した。WTで、たたき台を策定した上、民進党や日本維新の会などと法案の内容を詰め、超党派で出したい意向がある。

 カジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)整備推進法の施行を踏まえた対応。両党は依存症対策を巡って医療、相談体制の拡充などを柱とする論点整理をそれぞれまとめている。これを基にした法案の骨子案が来週にもWTに提示される見通しだ。