サッカー、ドイツ誌が武藤を評価 ドイツ1部リーグ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 マインツの武藤(左)

 【ケルン(ドイツ)共同】14~16日に行われたサッカーのドイツ1部リーグで、ヘルタ戦にフル出場したマインツの武藤嘉紀に、18日付の専門誌キッカーが3とまずまずの評価を与えた。採点は最高が1で最低が6。大衆紙ビルトは4だった。武藤は2トップの一角でプレーし、チームの7戦ぶりの勝利に貢献した。

 快勝したアイントラハト・フランクフルト戦にフル出場したドルトムントの香川真司には、ビルト紙が3をつけた。