北陸中心に暴風注意、気象庁 新たな低気圧接近

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 気象庁は18日、日本海を東に進む低気圧の影響で大気の状態が非常に不安定になり、19日は北陸を中心に非常に強い風が吹き、落雷や竜巻の恐れもあるとして、警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、19日には日本列島に大雨を降らせた低気圧がオホーツク海に抜けるが、上空に寒気を伴った別の低気圧が日本海を東に進む。19日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は北陸で23メートル(35メートル)、東北で20メートル(35メートル)。予想される波の高さは北陸で6メートル、北海道と東北では5メートルとなっている。