バイきんぐが"顔拓"挑戦 「釣り★スタ」イベント

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 スマートフォン用ゲーム「釣り★スタ」の10周年記念キャンペーン発表会が東京都内で開かれ、お笑いコンビ「バイきんぐ」(小峠英二、西村瑞樹)とグラビアアイドルの都丸紗也華が登場した。

 きらびやかな紋付きはかま姿のバイきんぐが、罰ゲームをかけて仮想現実(VR)の釣りゲームで対決。敗れた小峠だけでなく、なぜか西村も魚拓ならぬ"顔拓"を取ることになった。

 水着姿の都丸が朱色の墨が付いた筆を持つと、西村が「早く塗って、早く」とおねだりし、小峠が「罰でもなんでもない。ご褒美だよ」と突っ込んだ。

 釣りゲームに掛けて、異性を"釣る"秘訣を問われた小峠は「僕はリアルに貯金額を言います。すぐです。仲良くなったら暗証番号まで言いますもん」と笑わせた。

 西村は「女性にもてるために英会話を始めました。まだしゃべれないですけど」としたり顔。小峠は「おまえが英会話をやってる話をして、誰が食いつくんだよ。女優さんみたいなことを言うな」と毒づいた。

 リポーターが「知っている一番難しい英単語は?」と食い下がると、小峠は「まさかの、食いつく人がいたよ」とあきれていた。