資金洗浄、海外から27億円 過去最大規模、14人起訴

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 大阪府警など4府県警の合同捜査本部は18日、ナイジェリア人らが日本国内の金融機関を利用したマネーロンダリング(資金洗浄)事件で、海外から約27億8千万円の不正な送金を確認し、捜査を終結したと発表した。

 合同捜査本部はこのうち、国内で引き出された計約16億1千万円分を立件。これまでナイジェリア国籍の男6人と、日本人の男女8人の計14人が組織犯罪処罰法違反(犯罪収益隠匿)容疑などで逮捕、起訴された。国内の資金洗浄事件では過去最大規模とみられる。

 府警によると、14人はナイジェリア国籍の自営業ウデネウ・オケチュク被告(56)ら30~72歳の男女。