経済対話、2国間枠組み協議へ 米「将来のFTA可能性」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 日米経済対話でペンス米副大統領(左端)と初会合に臨む麻生副総理(右端)=18日午後、首相官邸

 日米両政府は18日、麻生太郎副総理兼財務相とペンス副大統領をトップとする初の経済対話を首相官邸で開いた。会合後に発表した共同文書では「貿易の2国間枠組み」を協議していくと明記。ペンス氏は記者会見で「将来、日米自由貿易協定(FTA)に行き着く可能性はある」と踏み込んだ。近く具体的な成果に導き経済関係を深めていくことで一致、次回会合は年内に開く。

 対日貿易赤字の削減を狙う米側は、日本をFTA交渉に引き込み、農業や自動車の市場開放を迫る構え。ペンス氏は会見で「日本を含む貿易相手国に対し、より均衡の取れた関係を望んでいる」と強調した。